呑んだり 食べたり 歌ったり 

mogupiyo.exblog.jp
ブログトップ

■ 中国人的朋友

その昔、国文科の学生だった頃
漢文にいたく心ひかれ
その流れで後年、かの国の言葉を猛然と学習するにいたるが
生まれ出でて齢半世紀近く
心身ともに媼となりつつある今日この頃
とみに記憶力の衰えを実感
はやいとこなんか
手を打たなければ、こりゃ、衰える一方だわと憂いていたところ
高くんが『交換語学』しましょう
と言ってきた。



中国大陸の地図を壁に貼っていたことがあったにもかかわらず
あの鶏の形に似た国土の、
ほんの点にすぎない位置しか地理的な知識がなく
高くんの出身地が、リャオニンと聞いて
いまひとつぴんとこなかったものの
時間をおいて中国の東北部だということに気がついた。



中国東北部


「満州」と、日本人が呼んでいたところだ。


今度の符牒はこれか。



私は台北で
よく小数民族だろ
と言われた。

(意味不明)


(^-^;


ほかの同年の日本人女性は一目で日本太々とわかるらしいのに
だ。

(※注、にっぽんふといふといじゃなくて
リーベンタイタイ、日本の婦人の意)


その話しの流れから
蒙古族だという彼に

(以後、会話は全て中国語)
それなら馬に乗れるよねと言ったら
乗っていたのは驢馬だそうで
こう続けた。



「私の国では、ひとつ言葉あります。」


「天上で1番おいしいのは龍の肉、
地上で1番おいしいのは驢馬の肉。」









高くんはそう言って嬉しそうに笑った。


(^-^;

彼があまりにも嬉しそうに笑うので
私もつられて笑った。


それを見て、高くんはさらに笑顔を見せた。



龍?


(^-^;

さらに何か早口で言い爆笑していたが

ああ!
全然聞き取れない!
あいまいな日本の私…


(T-T)


それを追及するほどの語学レベルには
残念ながら達していなかったし。


ブラッシュアップを心に誓った。
[PR]
by mogupiyo | 2010-11-09 21:02 | 周辺