「ほっ」と。キャンペーン

呑んだり 食べたり 歌ったり 

mogupiyo.exblog.jp
ブログトップ

■ 引越します

菲菲への贈り物の延長で
閉設のお知らせ以後
趣旨がかわってからも
続けてしまいましたが
まったく個人の日記的になってきましたので
このブログは終了することにします。


訪問してくださる方が
呑んで騒いでるころと同じくらいあったことが
嬉しくもあり、不思議でした。
どうもありがとう。

日常の記録を残してみようと思ってるので
気がむいたら遊びにきてください。

http://martha2000.exblog.jp/

会うことはなくても
誰かと
どこかで
つながっているかも
という想いは
人を幸せにします。
[PR]
# by mogupiyo | 2010-11-10 14:05 | 連絡

■ しっぽたち

百道浜のマンション住まいから、
愛犬①のために一戸建てへ移った友人より
愛犬①の危篤状態を知らせるメールが届いた。
昨年から寝たきりになっていて
夏頃見舞った時の印象は
なんというか、剥製だったので
言葉が出なかった。

飼い主が元気なら、しっぽたちは間違いなく先に逝く。
絶対。

マーサ、ピッピ、かりん。
私が送った3匹の我が家のしっぽたち。
特にかりんは
私自身がまだその死に固く封印
思い出さないようにしている状態だから
月並みな言葉さえ出なかった。

何を言っても言葉がうわすべりして
どれも不適切。


たたみかけるように
連続して来るメールに返信できないでいた。
友達甲斐のない奴だと自嘲しながら
電話したら


出ない。


その後

「旅立ちました」
のメール。


さらに
「愛犬②が愛犬①をさがすのがつらい」とも。

残されたしっぽは、相方をさがす。
覚えがある。

そして空を見つめたりする。
頻繁に。

次の日、友人宅へ行き
しっぽたちの話しをして帰ると
1時間後
感謝メールと共に
大量の画像が送られてきた。
彼女なりの通過儀礼なんだろう。


あの子たちは
どうしたって私たちより先にいくんだから…



「節ちゃんはあと4回もそんな目にあうんだぞ。」
と言ったのは彼女の夫。

うけとめてみせる!


c0174906_12333023.jpg

c0174906_12333064.jpg

[PR]
# by mogupiyo | 2010-11-10 12:33 | 周辺

■ 中国人的朋友

その昔、国文科の学生だった頃
漢文にいたく心ひかれ
その流れで後年、かの国の言葉を猛然と学習するにいたるが
生まれ出でて齢半世紀近く
心身ともに媼となりつつある今日この頃
とみに記憶力の衰えを実感
はやいとこなんか
手を打たなければ、こりゃ、衰える一方だわと憂いていたところ
高くんが『交換語学』しましょう
と言ってきた。



中国大陸の地図を壁に貼っていたことがあったにもかかわらず
あの鶏の形に似た国土の、
ほんの点にすぎない位置しか地理的な知識がなく
高くんの出身地が、リャオニンと聞いて
いまひとつぴんとこなかったものの
時間をおいて中国の東北部だということに気がついた。



中国東北部


「満州」と、日本人が呼んでいたところだ。


今度の符牒はこれか。



私は台北で
よく小数民族だろ
と言われた。

(意味不明)


(^-^;


ほかの同年の日本人女性は一目で日本太々とわかるらしいのに
だ。

(※注、にっぽんふといふといじゃなくて
リーベンタイタイ、日本の婦人の意)


その話しの流れから
蒙古族だという彼に

(以後、会話は全て中国語)
それなら馬に乗れるよねと言ったら
乗っていたのは驢馬だそうで
こう続けた。



「私の国では、ひとつ言葉あります。」


「天上で1番おいしいのは龍の肉、
地上で1番おいしいのは驢馬の肉。」









高くんはそう言って嬉しそうに笑った。


(^-^;

彼があまりにも嬉しそうに笑うので
私もつられて笑った。


それを見て、高くんはさらに笑顔を見せた。



龍?


(^-^;

さらに何か早口で言い爆笑していたが

ああ!
全然聞き取れない!
あいまいな日本の私…


(T-T)


それを追及するほどの語学レベルには
残念ながら達していなかったし。


ブラッシュアップを心に誓った。
[PR]
# by mogupiyo | 2010-11-09 21:02 | 周辺

■ 懐古趣味

c0174906_20491527.jpg

必要に迫られて
芹沢光治良の本を探していた。
内心、ここあたりの書店にはないだろうと思いながら
2軒まわって文庫本さえ見当たらず。

天神まで行かなくても
西新でなら手に入るだろうか。
Amazonでは絶版も多く、
古書を探すほかないかもしれない
と思いながら総合図書館へ。


2階で個人全集を見つけたときは嬉しかった。
そして、書店の悲しい風景を思いだしていた。


海外での評価の方が高い作家の本を
いまどきの店が扱ってないのは
しごく当然という気もするが
ためしに幾人かの著名な作家の本を探してみたが


例えば、森鴎外
例えば、森瑤子
全く見当たらなかった。

タレント本やムック本であふれ
短いスパンで姿を消す本たち。
書店は匂いさえ変わった。


これも時代の趨勢か。


「人間の運命」全14巻をオークションで落札。
価格は500円だった。
[PR]
# by mogupiyo | 2010-10-28 20:49 | 日記

■ 不思議の国の

c0174906_10323188.jpg

見るたびに顔がかわる。
なぜなんだろ?
[PR]
# by mogupiyo | 2010-10-27 10:32 | 日記